このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 宇宙のほとんどの物質は、「イオン化」されています。 一方、地球上のほとんどの物質は、イオン化されていません。 イオン化を誘発し、電荷を分離するには十分な高エネルギー源が必要とされます。 Ventiのh-ionclusterは自然界の空気浄化の原理を再現した空気浄化技術です。

1934年、イオンクラスターと呼ばれる物質が存在することがロシアの物理学者たちにより発見されました。 イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。 自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、 空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。

放出されてるイオンクラスターとは?

放出されてるイオンクラスターとは?

原子核のまわりを回っていた電子が原子から離れて正イオンと電子に分裂。 

電離状態では、正イオンや電子が活発に動いており、非常に活性の高い状態。 

プラズマ中では「元素は非常に活性な状態で、反応性が高いため通常の反応ではできなかった合成反応を起こすことができる。」

空気清浄機の種類

吸引式

主にフィルターを使って室内の

汚れた空気をきれいにする      

放出式

プラズマを技術を利用し,

イオンクラスターなどを発生させて室内空間の空気を浄化する

吸引式と放出式の除菌効果の違い

吸引式の空気清浄機ではほこりや粒径の大きな浮遊菌などは除去できますが、

VOCや粒径の小さなウイルスなどはフィルターを素通りするため除去することができません

なぜ放出式の空気清浄機は必要なのか

交換してないフィルターをそのまま使用

捕獲した有害物質をばらまく

なぜ放出式の空気清浄機は必要なのか

取手、壁や床などには目に見えない付着菌が付いています。

付着菌は吸引式の空気清浄機では除去することができません。 

なぜ放出式の空気清浄機は必要なのか

付着菌はどうやって除菌することができるのか

UVを照射

人の目にあたるところには使用できない

イオンを発生して付着菌を除菌

吸引式の空気清浄機も放出式のイオン発生器を採用している

他社イオン発生装置との違い - メカニズム

Venti 

h-ioncluster ジェネレーター

放電ポイントが多い (強いエネルギーが発生するポイント)

他社

針式イオン発生ユニット

放電ポイントが少ない (強いエネルギーが発生するポイント)

殆どの放出式のイオン発生装置は針式が多く、放出されるポイントが少ない

また電源の設計も重要! 

Venti h-ionclusterは世界5カ国特許取得済みの放電素子技術を持っている

他社イオン発生装置との違い - 除菌効果の比較

Venti h-ionclusterジェネレーター

除去率99.5% 

試験前 

試験後 

他社針式イオン発生ユニット

除去率17.3% 

試験前  

試験後 

イオンクラスターによる花粉やほこり等の粒子の除去

イオンクラスターは浮遊している花粉やほこりなどの粒子の径を大きくして床に落とします

3.2(m) X 3.7(m) X 2.4(m) = 約28.4㎥の空間で実験したデータ AERODYNAMIC社Particle Sizer 3321にて測定

イオン発生してないときは15分間12.6%除去 

イオン発生時は15分間85.8%除去

Copyright © 2020 by spe Co., Ltd. All Rights Reserved.